FC2ブログ

司法書士法人あおば合同事務所/スタッフブログ

北九州と下関、あおば事務所の…登記のこと・債務整理のこと・成年後見のこと・裁判所関係のこと。                                                                                    ~あおば事務所のスタッフが、日々のちょっとしたことを綴っていきます~
司法書士法人あおば合同事務所/スタッフブログ TOP  >  成年後見 >  被後見人の葬儀

被後見人の葬儀

おはようございます…☆ 
朝晩涼しくなりました。
昼間の日差しは強いけど、秋の空気が感じられます。


下関事務所から~今日は成年後見の話です。

 病院に入院している被後見人のAさんが亡くなった場合。
Aさんには身寄りがなく、病院としては早急の対応が必要ですが、 成年後見人である司法書士等が、遺体の引き取りや葬儀の手続き、 納骨などを行うことができるでしょうか? 

 被後見人の死亡により後見は終了するため、成年後見人には葬儀の手続きをしたり、納骨等を行う義務も権利もありません。
そもそも葬儀契約は、亡くなった人を弔うために相続人らが葬儀社と契約するものですので、被後見人が死亡した後には、成年後見人が被後見人を代理して契約することはできません。
ただ、身寄りのない人や親族と疎遠になっていたりして葬儀を主催する人がいない場合には、現実に、成年後見人が喪主となって葬儀を挙行せざるを得ないことも考えられます。

委任が終了した場合において、急迫の事情があるときは、成年後見人は、相続人が委任事務を処理することができる状態になるまで、必要な処分をしなければならないので、
後見人は、被後見人死後の事務処理を行うときは、その行為によって(被後見人の財産を引き継ぐ)「相続人」の権利を侵害する可能性があることを常に念頭において、必要最小限の措置(葬儀・法要・永代供養)に留めておくことが適当と思われます。

そのような場合、死亡地の市町村長の対応に委ねるというのも1つの方法です。
遺産の内容、被相続人の意思等に配慮し、事前の市町村長との打ち合わせをお勧めします。



DSC_7988.jpg

Togatch's  Photo 

ランキングに参加しています。 応援のポチッお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ  


あおばの登記111 

◇あおばHP  ~コチラから~



スポンサーサイト



[ 2013/09/12 08:50 ] 成年後見 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL