FC2ブログ

司法書士法人あおば合同事務所/スタッフブログ

北九州と下関、あおば事務所の…登記のこと・債務整理のこと・成年後見のこと・裁判所関係のこと。                                                                                    ~あおば事務所のスタッフが、日々のちょっとしたことを綴っていきます~
司法書士法人あおば合同事務所/スタッフブログ TOP  >  日々のこと >  旧蔵内邸(築上郡)

旧蔵内邸(築上郡)

 

こんにちは
下関のあおば事務所は さっきから、外が真っ暗になり、
すごい雨が降っています。
事務所の前の側溝の水があふれて、洪水のようになってます。  
 
  
 
先週の週末、福岡県築上郡にある、大正時代建てられた邸宅 「旧蔵内邸」 
連れて行ってもらいました。 

蔵内邸1 
きんから (という和紙に金箔を貼ったもの)の屏風 


1010495_323489771115457_1125750513_n.jpg 


66819_298530676944700_508069585_n.jpg
 
 
旧蔵内家住宅は、筑豊で炭鉱を経営していた「蔵内次郎作・保房親子」の住宅で、出身地の築上町上深野に建てられた。炭鉱主住宅として最も古い明治20年(1887年) の建築で、大正9年(1920年)に完成している。住宅の床面積は約1,222㎡、敷地は約7135㎡にも及ぶ。庭園を配し住宅棟(7棟)のほか米蔵や宝蔵など全12棟から構成されている。 特に二段屋根の大玄関棟や18畳間が2室続く大広間棟は当時の炭鉱経営者の暮らしがいかに凄かったかが想像できる。

蔵内邸3


シャンデリア 

玄関間のシャンデリア
家紋の細工があります。玄関は鬼門にあたるため、家紋をわざと逆向きにしたそうです



3730_320035701460864_762320114_n.jpg 

庭に面した廊下の窓ガラスは 今でもはすべて手作りだそうです。
斜めから見ると、厚さが均等でなく波打って見えます。
この写真は、作るとき虫が入ってしまったのでしょうか!?


トイレ 

大理石のタイルを使ったトイレの手洗いです。
レトロです。

あまりに豪華で、広くて・・・
(質の良い材料を使っていたり、細部の手仕事など、お金がかかっているのがわかります。)
けばけばしくなく、シンプルで上品な感じがしました。

お掃除が大変だろう!?と思ったのですが、
そうだそうだ! そういうのは使用人がするから心配はいらない! のでした。

guide-4-6-150x111.jpg

※お風呂は、夏用と冬用のそれぞれ別々の浴室を使い分けてたそうです。
贅沢ですねぇ・・・ (これは夏用の浴室です)

http://www.town.chikujo.fukuoka.jp/section/kikakushinkou/kurauchi/kurauchitei.html



がくアジサイ 


ランキングに参加しています。 応援のポチッお願いします
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ  


あおばの登記111

◇あおばHPは  
~コチラから~



スポンサーサイト



[ 2013/07/03 12:46 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL