FC2ブログ

司法書士法人あおば合同事務所/スタッフブログ

北九州と下関、あおば事務所の…登記のこと・債務整理のこと・成年後見のこと・裁判所関係のこと。                                                                                    ~あおば事務所のスタッフが、日々のちょっとしたことを綴っていきます~
司法書士法人あおば合同事務所/スタッフブログ TOP  >  登記手続き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

共同担保目録の取り方

 下関の法務局で 登記事項証明書を請求する時、気を付けていることがあります。

共同担保目録を付ける時に、現在のものだけでいいのか?!
過去のもの全部か?!追記を忘れないように・・・ということです。
ここで、一言書いておかないと、現在のものしか出してくれません。

北九州の法務局で取る時は、そのまま共同担保目録 要~の欄に
チェックを入れると、全部を出してくれるようですが、
下関で取るときは、交付申請書に
現に効力を要するもの。全部(抹消を含む)。( )第  号~
にチェックを入れるようになってます。

共同担保目録にチェックを入れていたら、全部出してくれてもいいのでは・・・
とも思いますが、その登記所によって違うんですね・・・というお話です。

相談室のファブリックパネルを入れ替えました
(イケヤの布で作っています・・・わかりますか?!)

DSCN8000.jpg 
あおば下関事務所の司法書士宮原雅彦です。
よろしくお願いいたします。


o0300030011562075578.jpg

もうすぐ12月です。
クリスマスですね・・・☆
 


ランキングに参加しています。 応援のポチッお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 

.
 あおばロゴ2 


◇あおばHP  ~コチラから~








スポンサーサイト
[ 2013/11/21 09:00 ] 登記手続き | TB(0) | CM(0)

登記権利証の表紙の名前

        
   こんにちは
今日は、北九州小倉事務所から~  スタッフkico  です。

相変わらず、今日も暑いです。

ベテランスタッフのT﨑さんが、体調を崩されてお休みのため
他のスタッフは、朝からバタバタです。

通常、登記権利証の表紙の名前は、T﨑さんに筆で書いてもらってるのですが・・・
今日は、仕方なく ドットプリンターのワープロ文字になっております。

手書きであろうと ワープロであろうと、中身に変わりはないのですが、
やはり、毛筆の手書き文字にはかないません  

達筆なT﨑さんに書いてもらうと、表紙自体の価値が上がるような気がします。

T﨑さんの体調が戻るまで、申し訳ありませんが、
     もう少々・・・ドットプリンターのワープロ文字でお願いいたします。
  (これも、思ったところに狙い打ちするのは技術が要りますが!)



ランキングに参加しています。 応援のポチッお願いします
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ  


あおばの登記111 

◇あおばHP  ~コチラから~


[ 2013/07/30 12:48 ] 登記手続き | TB(0) | CM(0)

固定資産評価額…

応援のポチッ♪お願いします~ 
    
 にほんブログ村

下関ほうむきょく
こんにちは
下関から司法書士の宮原です。

売買・相続・贈与等で、所有権移転登記の申請をする時、
登録免許税の計算をしなければならず、
固定資産の評価額を知る必要があります。


この場合、福岡法務局北九州支局に登記申請をする時は、
法務局(北九州支局)で閲覧できるので、
法務局(北九州支局)に行って、評価額を閲覧して、
登録免許税の金額を計算することが出来ますが、
山口県下関市では、原則、山口地方法務局下関支局で、
評価額を閲覧できるシステムがないので、
お客様(登記申請依頼者)から、固定資産の納付書(役所発行)のコピーを頂いて、
登記免許税の計算をしています。

仕方ないのですが取引先の不動産会社から
登記費用(登録免許税)の見積もりを依頼された時に
すぐには見積もりの計算が出来ません。

こういうことで、初めて登記申請する法務局では、事前にいろいろな諸手続の違い
を聞くようにしております。 面倒くさいなぁ…というのが本音ですが、
こうした下準備が必要なんですね。
ほうむきょく

◇あおばHPは  
~コチラから~

◇あおば司法書士紹介は 
~コチラから~

~ランキングに参加しています。
~応援のポチッ♪お願いします~

にほんブログ村  
 



[ 2013/02/20 15:21 ] 登記手続き | TB(0) | CM(0)

「司法書士たるもの」… 事務暦25年 T崎 の思い出話

 

あれはもう20年くらい前のことだったと思うのですが、
まるでセピア色にかすんだスクリーンの一場面のように思い出されます。

SEPIA2.jpg

ある冬の日、当時はまだ 私と先生(司法書士の堀江)の二人の小さな事務所で、
私は留守番のようなもので、 先生が外に出て行かれることの方が多かったのですが、

その日は偶然、先生もいらっしゃって、「トントン」と扉をたたく音がしましたので、出てみますと
そこには着物姿で防寒着を着られたご婦人が立っておられました。

いかにもお金持ちそうに見えました。
すぐに招き入れて応接テーブルの向こうに先生と対座していだたくと
そのご婦人は、抱えていた茶封筒からおもむろに真新しい権利証を出されました。

そして名義人の名前を指さして、
「主人の名前の字が間違っております。こんな権利証を主人には見せられません。
司法書士たるもの一字一句間違ってはならないものではありませんか… 」

と 言われました。


私も先生もギョっとして覗き込むと 酷似してはいるものの確かに違っていました。
何人ものチェックの目をかいくぐって 最後まで気づかない ということが稀に起こるのです。

後日、お名前の字を更正して、先生が菓子折を持って権利証を届けられ、
一件落着したのですが。


444.jpg

人間ですから間違えることもあるでしょう。 

司法書士業務の域を云々するのではなくて、
職業意識を喚起させる出来事として 時々思い出すのです。

昨今のような時代になっては もはや笑い話になってしまいましたが… 。




◇あおば司法書士紹介は~コチラから~

◇あおばホームページは
~コチラから~


~ランキングに参加しています。
ぜひとも~応援のポチッ♪お願いします~

にほんブログ村
 


[ 2013/02/05 13:19 ] 登記手続き | TB(0) | CM(0)

まずは明日~

こんばんは
月末は、バタバタします。

先日、ブログで書いたように、
登記部長の中原がお休みを頂いているので…
なおのこと!!

明日は、立会が重なるので、司法書士は総出動。
必然的に新人司法書士である平田には負担がかかります。
他にも~たくさんの仕事を抱えておられるので
残業もあり。

優秀なスタッフが補佐します。

まずは明日です。
あとのことは、それから~
平田先生~ガンバ!!

◇あおば司法書士紹介は~コチラから~

◇あおばホームページは
~コチラから~


~↓ランキングに参加しています。応援のポチッ♪お願いします

にほんブログ村
 


[ 2013/01/28 21:34 ] 登記手続き | TB(0) | CM(0)

司法書士の存在価値

おはようございます(*^^*)

ほうむきょく

二十数年前~法務局は窓口での対応が非常に悪かったらしいのです。(ごめんなさい)
1位が法務局、2位が警察署~と、アンケートでは警察を上回るほどだったようです。

司法書士の堀江、宮原、ベテラン補助者の方々に伺っても、「昔はよくいじめられた」とか。
「法務局でナントカ先生がけんかしてた」とか、いろいろなウワサを耳にしました。

(そう~昔は、順番待ちの時~番号で呼ばれていたらしいですね。
今はナントカ事務所様~ですけど)

それから、
「15分以上お待ちの方は、窓口にお申し出ください」等の案内が出てきたりして、
(えっ?って)状況が少しずつ変わってきたようです。

現在のような一般市民向け~相談コーナーが出来たのは、いつごろでしょうか?!

職員の方々が丁寧に教えてくれるようになったんです。
権利変動がない事案は、本人申請という形で~できるんですね!
敷居を低くして、優しく明るい法務局へイメチェンしたんですね。

下関ほうむきょく

ここまで、書くと同業者の方は、なんとなく~何が言いたいのか!わかって頂けると思いますが…

だからこそ、私たちは、専門的な知識を磨いて社会のニーズに対応して行かなければ
ならないのです。

私のような補助者でも、法務局の職員の方は (補助者のくせにわからないの?~
などと言わないで) 優しく親切に教えてくださいます。
感謝しております。ありがとうございます。

でも、意地悪だった法務局の方々~を(あの頃を知らない私たちが)少し羨ましく思ったり~
するのは何故でしょう?!

司法書士の存在価値はあの頃のほうがあったのでは?!

~そんなことはないでしょうけど…!!

◇あおば司法書士紹介は~コチラから~

◇あおばホームページは
~コチラから~


~↓ランキングに参加しています。応援のポチッ♪お願いします

にほんブログ村
 








[ 2013/01/26 10:05 ] 登記手続き | TB(0) | CM(0)

人は必ず老いるもの…(本人の意思確認の話)

こんばんは。
下関で執務している司法書士の宮原です。

私の父は、平成22年12月に亡くなりました。
満84歳でした。ボケることなく亡くなったので、体調を悪くして亡くなるまでの間,、
父の身の回りの世話は 楽だったと思います。

私も父のようにボケることなく、死にたいものだと思いました。

不動産売買で所有権移転登記をするとき、登記手続きをする司法書士は、
必ず 本人の売却意思の確認をします。

意思確認の態様は様々です。
取引当日の現場や事前の売主の自宅、職場へ出張など…。


売主は80歳くらいの御婦人。

この方は、老人介護施設で 売主の意思確認をさせて頂きました。

聴覚の悪い方でしたので、筆談で意思確認が出来ました。

もし御婦人が認知症などで、売却の意思が確認出来なかった場合、

先に、成年後見人選任の申立てを 家庭裁判所にしなければならなくなります。

売買の取引日が数ヶ月延長になったことでしょう。  




※業務上、実際とは、幾分変えて記載しております。

◇あおば司法書士紹介は~コチラから~

◇あおばホームページは~コチラから~


~↓ランキングに参加しています。応援のポチッ♪お願いします

にほんブログ村






[ 2013/01/24 00:20 ] 登記手続き | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。